離婚調停とは?

離婚調停とは、裁判所で行われる離婚のための協議のことを指します。
この離婚調停によって長所を作成することで、「調停調書」と呼ばれるものが作られ、これにより「法的な拘束力を持った」合意事項が得られるわけです。

ですから、この離婚調停さえ結んでしまえば、後でその支払が滞ったりした場合にも強制的な執行力を行使してもらうことが可能です。


ただ離婚調停は「協議離婚」に比べてとても面倒な手順を踏まなければならない場合があるのが注意点です。
そのかわり、離婚調停では協議離婚とは違って「夫婦関係の調整」をも図ることが可能です。


実際、離婚を前提に話し合いを進めていても、修復の可能性が生まれる場合は充分に存在します。
そういった時に協議離婚だとお互いがどうにも言い出せない情報が作られがちなのですが、離婚調停ならば円満な解決に向けてのアドバイスを貰うことが出来たりして、お互いの納得がいくまで話しあうことが出来るのです。

ひとまずは弁護士に相談してみることが重要ですが、基本的には法廷で戦うよりかはお互いに顔を合わせて討論したほうが良いのではないでしょうか。


ただ、そううまくいかない場合がほとんどですから、最後にはお互いが納得できるような取り決めを作るためにも離婚調停がお勧めです。


浮気相手から慰謝料を請求するための条件とは?>>>

コンテンツマネジメントシステム