浮気調査の探偵への報酬について

探偵の業務適正化に関する探偵業法では契約時に依頼者が支払わなければいけない
金額とその時期について書面で明確にしなければいけないということが定められています。

しかし、探偵にかかる費用には着手金や実費、成功報酬などがあってこのような費用の
違いを知っていないと後々支払いの場面になってトラブルとなってしまうケースがあります。

例えば成功報酬制の探偵に調査を依頼した場合に、調査が失敗に終われば費用は
一切かからないと依頼者は思ってしまいがちですが実際には着手金と実費はかかることが多いです。

中には本当に調査が成功した場合にしか料金を支払う必要のない完全成功報酬制の探偵もありますが、
成功報酬だからと言って成功しなければ費用は一切かからないという思い込みは捨てておきましょう。

そして、契約をする際には全体の費用だけではなく着手金はいくら、実費の内訳、成功報酬に
ついては事前にしっかりと確認しておく必要があると言えます。

また浮気調査では特にそうですが何を持って成功となるかも事前に確認が必要です。
この成功の条件が曖昧となったままだと依頼者が満足しないままに費用を請求されることになって
結局成功報酬を支払わなければいけなくなってトラブルに発展するケースもあります。

調査を行っても浮気の証拠が出てこないような場合、本当に浮気をしていないこともあります。
浮気の証拠が見つかることだけが成功だと思っていると探偵側とトラブルになることもあるのです。

コンテンツマネジメントシステム